安藤 左足首骨折していた、佐々木監督「思い受け止めやっていく」

[ 2015年6月10日 08:12 ]

<女子W杯 日本・スイス>前半、スイスGK・タールマンとの交錯で負傷する安藤

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)日本代表の佐々木則夫監督は9日、主力の安藤梢(フランクフルト)が負傷のため離脱すると発表した。所属クラブによると、左足首の骨折で手術が必要という。近日中に帰国する予定。

 安藤は8日のスイス戦の前半にGKと交錯し、負傷交代した。日本はこのプレーで得たPKを宮間(岡山湯郷)が決めて勝利した。バンクーバーで取材に応じた佐々木監督は「持ち前のアグレッシブなプレーで勝ち点3の原動力になってくれた。安藤の思いを受け止めて一戦一戦やっていく」と神妙な表情で話した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年6月10日のニュース