なでしこW杯初戦スイス戦は6・7% 宮間PKで勝ち点3

[ 2015年6月10日 10:26 ]

前半、PKを決めてガッツポーズの宮間(AP)

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は8日(日本時間9日)、1次リーグが行われ女子日本代表、なでしこジャパンは初戦でスイスと対戦、1―0で白星スタートを切った。中継を行ったフジテレビの視聴率が6・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

 同時間帯の前4週平均3・0%から3・7ポイントの大幅上昇。試合は日本が前半29分、安藤が得たPKを宮間がゴール左隅に冷静に決めて先制、後半は日本が徐々に守備に回る時間が多くなり、スイス攻撃陣のスピードに乗った再三のドリブル突破に苦戦。何度もゴール前に迫られたが、全員で体を張って守り切り、勝ち点3を手にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年6月10日のニュース