カメルーン6発でW杯初勝利!“記念日”に歴史作れた!

[ 2015年6月10日 05:30 ]

マニ(2)のゴールをよろこぶカメルーンの選手たち(AP)

女子W杯カナダ大会1次リーグC組 カメルーン6―0エクアドル

(6月8日 バンクーバー)
 カメルーンが初出場国対決に6得点で大勝し、W杯初勝利を挙げた。

 相手ミスを突いて前半34分から11分間で3点を挙げると、後半21分にエクアドルDFモレイラが退場となった後に3点を追加。ハットトリックのFWエンガナムットは「強い相手だったけど、試合に集中して勝てた」と笑顔だった。6月8日は男子代表が90年W杯イタリア大会開幕戦でアルゼンチンを1―0で破る番狂わせを起こした日。

 ヌガチュ監督は「初戦がその日と聞いて喜んでいた。歴史をつくれてうれしい」と話し、日本戦については「世界一のチーム相手で厳しいが、アフリカのプライドを示したい」と抱負を述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年6月10日のニュース