香川 “個”を生かす!「最終的なところは個人、個人の判断」

[ 2015年6月10日 05:30 ]

<日本代表練習>軽快な動きを見せる香川(右)と大迫

日本代表合宿

(6月9日 横浜市内)
 MF香川が個人能力の重要性を強調した。

 ザッケローニ政権下では左MF、アギーレ政権下では左インサイドハーフで起用される機会が多かったが、現体制では本職のトップ下が主戦場。この日は冒頭15分を除き非公開で戦術確認を行ったが「最終的なところは個人、個人の判断。監督が求めることを表現した上で違いを見せたい」と話した。3月27日のチュニジア戦、同31日のウズベキスタン戦は積極的に攻撃に絡んだが、無得点。「結果を残さないと評価されない」とハリルジャパン初ゴールを狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年6月10日のニュース