J2水戸 広島からDF石川がレンタル加入 今季J2大分でプレー

[ 2015年6月10日 17:00 ]

 J2水戸は10日、J1広島からDF石川大徳(27)が期限付き移籍で加入することが決定したと発表した。期限付き移籍期間は2015年6月16日から2016年1月31日まで。Jリーグの第2登録ウインドーが開く7月10日以降に登録が完了次第、試合出場が可能となる。

 東京都出身の石川は流通経済大付属柏高、流通経済大を経て10年に広島入り。昨季はJ1仙台に、今季はJ2大分にそれぞれ期限付き移籍していたが、今季はここまでJ2リーグ戦で2試合の出場(0得点)にとどまっていた。水戸には流通経済大時代の08年に特別指定選手として登録していた。

 石川は水戸を通じて「この度加入することになりました石川です。このようなオファーを頂き大変光栄に思います。水戸のために1試合1試合しっかり全力で戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」とコメント。

 今季ここまでプレーしていた大分を通じては「この度、移籍することになりました。あまりチームに貢献できなかったことは心残りですが、しっかり水戸で頑張りますので応援よろしくお願いします。大分トリニータの事を心から応援しています」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年6月10日のニュース