フォルラン 家庭の事情で帰国…このまま退団も

[ 2015年6月10日 06:17 ]

家族の事情で帰国したフォルラン

 7月限りでの退団が決定しているJ2C大阪の元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(36)が9日、家庭の事情により離日し、大阪市此花区での練習を欠席した。

 クラブの了承を得ており、14日に再来日する予定ながら、水戸戦(14日、Ksスタ)は欠場することが確定。全体練習への復帰時期も未定で、残り9試合に出場しないまま退団することが濃厚となった。前日には、クラブの発表よりも早く自身のツイッターで退団を報告。「C大阪との契約を更新しないことになりました」とメッセージをつづっていた。

 さらに6月限りでの退団が発表されていた元ドイツ代表FWカカウ(34)とは、クラブと本人が合意し、この日で契約満了となったことを発表。近日中にドイツへ帰国することになった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年6月10日のニュース