JSL発足50周年パーティーに釜本氏、奥寺氏らレジェンド集結

[ 2015年6月10日 05:30 ]

 Jリーグの前身である日本サッカーリーグ(JSL)発足50周年記念パーティーが都内のホテルで開催された。

 リーグ関係者676人が出席。かつてヤンマーで活躍した釜本邦茂氏や古河電工などでプレーした奥寺康彦氏、日産自動車の黄金期を支えた木村和司氏ら往年の名選手らが旧交を温めた。高齢の出席者も多かったため、会場には医師が待機し、AED(自動体外式除細動器)も用意。会の冒頭では「日本サッカーの父」と呼ばれるドイツ人指導者、デットマール・クラマー氏のメッセージが読み上げられた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年6月10日のニュース