元日本代表DF森岡氏 京都U―18監督に就任

[ 2015年1月6日 14:25 ]

 J2京都は6日、元日本代表DFで08年に現役を引退した森岡隆三氏(39)が京都U―18監督に就任すると発表した。

 鹿島、清水、京都でプレーし、J1通算285試合に出場。日本代表として国際Aマッチに38試合出場した森岡氏は09年から13年まで京都のトップチームのコーチを務め、昨年は派遣でJFLの佐川印刷京都のヘッドコーチを務めていた。

 クラブを通じて「改めて京都サンガF.C.で仕事ができることを大変光栄に思います。今までの経験を活かし、育成というカテゴリーで選手たちがサッカー選手としてはもちろん、人間としても成長していけるように、指導にあたっていきたいと思います」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年1月6日のニュース