遠藤 涼しい顔で連日の先制点「2戦合計の出場は90分」

[ 2015年1月6日 05:30 ]

ウォーミングアップをする遠藤

練習試合 日本7―0ランブトン・ジャッファス

(1月5日 セスノック)
 チーム最年長34歳のMF遠藤が2日続けて試合に臨み、2戦連続で先制点を奪った。

 前日のオークランド戦は後半16分までプレーし、この日は前半30分間のみ右インサイドハーフで出場。19分にFW武藤がPKを奪うと、これを右足で正面に決めた。調整とはいえ過酷な連戦と思われたが「トータル90分間で考えれば、きのうの時点で“出るかな”と思っていたんで」と涼しい顔だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年1月6日のニュース