履正社 また4強の壁…シュート数上回るも1点に泣く

[ 2015年1月6日 05:30 ]

第93回全国高校サッカー選手権大会準々決勝 履正社0―1星稜

(1月5日 浦和駒場)
 履正社(大阪)は昨年度に続き準々決勝で姿を消した。シュート数は8―4と上回りながら、ワンチャンスを決められた。

 平野監督は対戦相手の星稜でコーチをした経験もあり、事故に遭い療養中の河崎監督は恩師でもある。「河崎先生に別の報告をするつもりでいたんですけどね」と悔しがった。昨夏、ボールに「全国制覇」という目標と部員全員の名前を書き込み意識を統一した。その夢は破れたが、GK安川は「成長させてもらった」と感謝の言葉を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年1月6日のニュース