右サイドで共闘、輝く金髪ライン本田らが“青空会談”

[ 2015年1月6日 05:30 ]

真剣に話し合う日本代表の金髪トリオ(左から)塩谷、酒井、本田

 本田、酒井高、塩谷のアギーレジャパン金髪トリオが“青空会談”を開催した。

 センターバックの塩谷を含め、4日のオークランド戦では3人ともに右サイドでプレー。この日は練習前にピッチで10分ほど前日のプレーを振り返りながら今後に向けて意識の共有を図った。酒井高は「自分の中でもっと右サイドでボールを持つ時間があってもいいのかなあ」と振り返り「もうちょっと(敵陣に)押し込んだところでボールを回せればと」と狙いを明かした。本田も酒井高に関し「フィジカルも技術も高いから後ろにいて安心する部分はある」と信頼を口にしており、本大会は右サイドでの崩しからの得点にも期待がかかる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年1月6日のニュース