立正大淞南 劣勢もくじけず終戦…指揮官「最後までやり遂げた」

[ 2015年1月6日 05:30 ]

<流通経済大柏・立正大淞南>試合に敗れ泣き崩れる立正大淞南イレブン

第93回全国高校サッカー選手権大会準々決勝 立正大淞南0―3流通経大柏

(1月5日 フクアリ)
 立正大淞南(島根)絶望的な状況でも諦めなかった。0―3とリードされ、しかも味方は10人。それでもひたすら前を向く。右CKをDF中村が頭で合わせたボールが、クロスバーを叩いたところで終了の笛が鳴った。

 「逆転不可能な状況で最後までやりきった。凄いことです」と南監督も選手を称えた。しかし、今年も厚かった日本一の壁。「何が足りないのか、後輩たちは分かったと思う」とMF阪倉に思いを託していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年1月6日のニュース