日本代表 疲労考慮し休養 柴崎が合流「長い戦いになる」

[ 2015年1月6日 19:05 ]

 サッカーのアジア・カップ2連覇を目指し、オーストラリア南東部セスノックで合宿中の日本代表は、選手の疲労を考慮して6日を休養に充てた。

 昨年12月29日に始動してから初の休日で、日本サッカー協会によると香川(ドルトムント)が敷地内を散歩するなど、選手は宿舎内で思い思いに過ごした。インフルエンザのため日本で静養していた柴崎(鹿島)も合流し、全23選手がそろった。

 柴崎はセスノック到着後に取材に応じ「自分のやるべきことをしっかりやっていく」と巻き返しの思いを口にした。日中は30度以上になる暑さへの適応などで、出遅れた影響はあるが「長い戦いになる。先を見据えてやりたい」と語った。

 元日の朝に発熱したが、以前から体調は良くなかったという。国内で回復を待つ間も「部屋でできるトレーニングはしていた」そうで、チームが休養日だったこの日も同じく体調不良で出遅れている豊田(鳥栖)と軽めに調整した。

 大会は9日に開幕し、1次リーグD組の日本は12日の初戦でパレスチナと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年1月6日のニュース