乾、ブラジルW杯落選ショックから“復活”できた理由語る

[ 2014年12月16日 21:56 ]

 1月のアジア杯(オーストラリア)日本代表に選出されたフランクフルトMF乾貴士が、16日付の独紙ビルト(電子版)のインタビューに応じた。

 W杯ブラジル大会代表からの落選が「凄くショックで、モチベーションも下がった」と明かし、「フランクフルトの監督が(フェー前監督から)変わったことが自分には重要だったし、新しい同僚が助けてくれたことも大きい」とニュルンベルクから加入の長谷部に感謝した。

 また、現在のシャーフ監督については「たくさん話してくれる。コミュニケーションがはるかに良くなった」と語り、今季1得点2アシストの成績には「自分の強さを出すようにはプレーできるようになったけど、本当はもっと得点しなければならない」と満足していない様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年12月16日のニュース