京都 来季新監督に和田氏の就任を発表、新外国人FWも獲得

[ 2014年12月16日 16:02 ]

京都の新監督に決まった和田昌裕氏

 J2京都は16日、来季の監督に元神戸監督の和田昌裕氏(49)の就任が決まったことを発表した。

 和田氏は御影高、順大と進み、松下電器、G大阪、神戸でプレーし97年に現役引退。10年9月に神戸の監督に就任。14年はタイ・チョンブリFCで監督を務めた。

 同氏は就任にあたり「この素晴らしいクラブの一員になれた事、やりがいのある仕事が出来る事を大変嬉しく思っております。皆さまの期待にこたえるためにもJ1昇格(復帰)に向けて全力を注いで参ります。当然難しい挑戦になると思っております。皆さまと一緒にこの厳しいシーズンを乗り越えていきたいと思います。プレーオフを目指すのではなく、自動昇格の2位以内を目指して闘っていきます」などとクラブを通じてコメント。

 また、クラブは前愛媛監督の石丸清隆氏(41)、前京都U―18監督の川勝博康(39)がトップチームコーチに、前愛媛GKコーチの平井直人氏(36)がGKコーチに就任することも発表。さらに新戦力として、前群馬のFWダニエル・ロビーニョ(25)を完全移籍で獲得したことも発表した。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月16日のニュース