悩める稲本 札幌に「ちょっと待って」…福岡はより好条件

[ 2014年12月16日 06:22 ]

 J2札幌がオファーを出している元日本代表MF稲本の決断が、長引く可能性が出てきた。

 野々村芳和社長が直接出馬して、7日に東京都内で初交渉。稲本本人も「そんなに時間をかけたくない」と話していたことから1週間前後での返答を想定していたが「代理人を通じて“ちょっと待ってほしい”という連絡があった。悩んでいるようだった」と三上大勝GM。同じく稲本の獲得に乗り出している福岡は、札幌を上回る条件を提示しているという。

 その状況下での返答待ちについて三上GMは「(条件に)開きがある中で悩むのは、こちらにも手応えがあるという感じで捉えている」と前向きに話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年12月16日のニュース