清水 大前 独1部デュッセルドルフ完全移籍が決定

[ 2012年12月6日 14:06 ]

デュッセルドルフに完全移籍するFW大前元紀

 J1清水は6日、FW大前元紀(22)がドイツ・ブンデスリーガ(1部)デュッセルドルフに完全移籍することを発表した。デュッセルドルフは今季1部に昇格し、15試合を終えて4勝6分け5敗(勝ち点18)で13位。

 大前には11月デュッセルドルフから正式な獲得オファーが届いて、今月から移籍交渉が行われていた。同選手も交渉を認めたが「正式に決まっていない。今は天皇杯決勝に向けて必死にやるだけ」と話していた。

 大前は08年に清水に入団し、5年目の今季はリーグ戦全34試合に出場し、13得点を記録。

 ◆大前 元紀(おおまえ・げんき)1989年(平元)12月10日、神奈川県横浜市生まれの22歳。町田JFC(横浜市立谷本中)―流通経大柏。高3時に全日本ユース、全国高校選手権、全国高校総体で得点王を獲得し、全日本ユース、全国高校選手権の優勝に貢献。08年清水入団。U―19日本代表。1メートル66、68キロ。血液型O。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月6日のニュース