ラウル超えた!ロドリゲス クラブ史上最年少CLデビュー

[ 2012年12月6日 06:00 ]

クラブ史上最年少のCLデビューを飾ったレアル・マドリードのMFホセ・ロドリゲス(左)

欧州CL1次リーグD組 レアル・マドリード4―1アヤックス

(12月4日)
 レアル・マドリードは快勝の中で17歳11カ月のMFホセ・ロドリゲスがクラブ史上最年少のCLデビューを飾った。

 後半27分から出場したBチームのホープはFWラウルが95年9月に18歳2カ月で残した従来の記録を更新。「記念にシャツをとっておく」と初々しい新星にモウリーニョ監督は「17歳でこのレベルなら20歳でトップチームで活躍できる」と期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月6日のニュース