パリSG ラベッシ弾で首位攻防戦制す!1位突破で決勝Tへ

[ 2012年12月6日 06:00 ]

ポルト戦で決勝ゴールを決め、イブラヒモビッチ(18)と抱き合って喜ぶパリSGのFWラベッシ(中央奥)

欧州CL1次リーグA組 パリSG2―1ポルト

(12月4日)
 パリSGは勝ち点1差で追っていたポルトとの首位攻防戦を制して1位突破を決めた。

 一度は追いつかれたが、後半16分にFWラベッシが決勝点。国内リーグ最近5試合で1勝1分け3敗に終わり、4位と苦戦していた中での勝利にアンチェロッティ監督は「選手がいい反応を見せてくれた」と息をついた。昨季から総額2億6000万ユーロ(約281億円)とも言われる移籍金で大型補強。周囲の期待が高まる中、指揮官は「簡単にはいかない。我慢強くならないと」と訴えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年12月6日のニュース