メッシは左膝打撲 年間最多得点にあと1点だったが…

[ 2012年12月6日 12:55 ]

<バルセロナ0―0ベンフィカ>左膝負傷で痛がるバルセロナのFWメッシ

 スペイン・リーガエスパニョーラのバルセロナは5日、欧州チャンピオンズリーグのベンフィカ(ポルトガル)戦で負傷退場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは左膝の打撲と発表した。

 後半13分から途中出場したメッシは、同40分過ぎにシュートを放った際に左膝を負傷し、担架で運ばれて試合に戻らなかった。

 既に1位で決勝トーナメント進出を決めていたが、ビラノバ監督は「コンディション調整のためだった」とメッシの途中投入を説明。

 メッシは1972年に当時西ドイツ代表のゲルト・ミュラーが公式戦でマークした85得点の年間最多得点記録にあと1点と迫っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月6日のニュース