鳥栖 来季目標は「残留 質を上げないと」

[ 2012年12月6日 17:59 ]

 初のJ1で5位と健闘した鳥栖の尹晶煥監督が6日、今季を総括し「残留のぎりぎりのラインで争えるかと思っていた。ここまでの結果を残せてうれしく思う」と話した。

 来季に向けては「プレーの質を上げないといけない。まず残留することが目標」とした。

 リーグ2位の19得点をマークしベストイレブンにも輝いたFW豊田は「勝っていくなかで自信をつけていった」と笑顔。去就については「体を休めることが先決。今は何も考えていない」と話すにとどまった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年12月6日のニュース