ACL1次リーグ組み合わせ 仙台はKリーグ王者FCソウルと同組

[ 2012年12月6日 17:53 ]

 アジア・サッカー連盟(AFC)は6日、クアラルンプールで来年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグ組み合わせ抽選を行い、J1で初優勝した広島はG組に入り、北京国安(中国)、09年優勝の浦項(韓国)、ブニョドコル(ウズベキスタン)との対戦が決まった。

 J1・2位でACL初出場の仙台はE組で、Kリーグ王者のFCソウル(韓国)、江蘇舜天(中国)、プレーオフ勝者(ブリスベーン・ロアーVSブリーラム・ユナイテッド)と同組。6季ぶりアジア制覇を狙う浦和は中国スーパーリーグ覇者の広州恒大(中国)、06年優勝の全北現代(韓国)、ムアントン・ユナイテッド(タイ)と同じF組。来年1月1日に決まる天皇杯優勝チームはセントラルコースト(オーストラリア)、貴州人和(中国)、水原三星(韓国)と同じH組に入った。天皇杯で浦和が優勝した場合は、J1・4位の横浜が出場する。

 1次リーグは来年2月26日に開幕し、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2012年12月6日のニュース