男子五輪代表に宇佐美、清武ら18人 宮市、大迫は外れる

[ 2012年7月2日 13:57 ]

ロンドン五輪のサッカー日本代表メンバーを発表後、笑顔で握手を交わす女子の佐々木則夫監督(右)と男子の関塚隆監督

 ロンドン五輪に出場する男子サッカーの日本代表が2日、都内ホテルで発表され、海外組の宇佐美貴史(20=ホッフェンハイム)、今夏から独ニュルンベルクに移籍するMF清武弘嗣(22)ら18人が選出された。

 オーバーエージ枠ではDF徳永悠平(28=FC東京)、吉田麻也(23=VVVフェンロ)が入り、GK林彰洋(25=清水)はバックアップメンバーに回った。

 FWでは宮市亮(19=アーセナル)、大迫勇也(22=鹿島)、原口元気(21=浦和)がメンバーから漏れ、関塚ジャパンではわずか2試合の出場にとどまった杉本健勇(19=東京V)がサプライズでメンバーに名を連ねた。

 5大会連続9度目の出場の日本は1次リーグD組で26日にスペイン、29日にモロッコ、8月1日にホンジュラスと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年7月2日のニュース