なでしこ五輪メンバーに沢ら18人 負傷明けの岩渕、丸山も選出

[ 2012年7月2日 13:12 ]

ロンドン五輪のサッカー女子日本代表を発表する佐々木則夫監督

 ロンドン五輪に出場する女子サッカーの日本代表「なでしこジャパン」の18人が2日、都内ホテルで発表され、4度目の五輪出場となるMF沢穂希(33=INAC神戸)や主将のMF宮間あや(27=岡山湯郷)らが順当に選出された。

 川澄奈穂美(26)、大野忍(28)=以上INAC神戸=や鮫島彩(25=モンペリエ)ら、昨年の女子W杯優勝メンバーも選出。右膝前十字じん帯損傷からの復活を果たしたFW丸山桂里奈(29=大阪高槻)、今年1月に右第5中足骨骨折で手術を受けたFW岩渕真奈(19=日テレ)もメンバーに名を連ねた。永里優季(24=ポツダム)は、結婚後の姓、大儀見で臨む。

 3大会連続4度目出場の女子は1次リーグF組で25日にカナダと初戦。28日にスウェーデン、31日に南アフリカと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年7月2日のニュース