ゼロトップで頂点 スペイン指揮官「サッカーの形は一つではない」

[ 2012年7月2日 11:23 ]

欧州選手権決勝 スペイン4―0イタリア

(7月1日)
 前回得点王のビジャが欠場したスペインは、決勝もFW登録の選手を1人も先発させない“ゼロトップ”で戦った。今大会では攻撃にダイナミックさを欠く試合もあり「退屈」との声も出た。だが、この日は前線の中央を務めたセスクが先制点をアシストし、批判を封じ込めた。

 デルボスケ監督は「サッカーの形は一つではない。チームのスタイルに合う選手を起用しただけ」と涼しい顔だった。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2012年7月2日のニュース