ザックジャパン初招集の阿部が帰国「複雑な気持ち」

[ 2011年3月22日 06:00 ]

 東日本大震災の復興支援試合に出場する日本代表MF阿部勇樹(29=レスター)、DF吉田麻也(22=VVVフェンロ)が21日、羽田空港着のエールフランス機で帰国した。

 今回がザックジャパン初招集の阿部は「試合に呼ばれたことはうれしいが、日本がこういう状況なので複雑な気持ち」と胸中を吐露。英国でも日本のニュースは流れており、液状化や余震が続く現状は理解している。「テレビで被災した方が話しているのを見て、逆に勇気づけられた。自分も何かやれることがあると信じて戻ってきた」と神妙な面持ちで語った。

 吉田は「日本が大変な時期なのでプレーで一人でも多くの方を勇気づけられれば。僕にとっては次の代表に向けたアピールにもなるので質の高いサッカーを見せたい」と前を向いた。今後は古巣・名古屋の施設で体を動かして26日からの代表合宿に向けて調整する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年3月22日のニュース