フェイエ宮市、被災者へ思い「勇気づけたい」

[ 2011年3月22日 06:00 ]

ローダ戦の後半、攻め込むフェイエノールトの宮市(中央)

オランダリーグ第28節 フェイエノールト0―3ローダ

(3月20日)
 クラブの方針で取材が規制されているフェイエノールトのFW宮市亮が、東日本大震災を受けて、20日のローダ戦後に口を開いた。

 「ショックを受けたし、胸が痛い。夢や勇気を与えるのが仕事なので、一人でも多くの人を勇気づけられれば」と思いを語った。7試合連続で先発した試合は0―3で完敗し、移籍後続いていた不敗神話(4勝2分け)がストップした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2011年3月22日のニュース