分離再開も…J1は4月下旬、J2は早期に

[ 2011年3月22日 06:00 ]

 東日本大震災の影響を受け公式戦が中断しているJ1、J2が、時期を分離して再開する計画が21日、分かった。22日の臨時実行委員会で再開時期を再検討するが、関係者によればJ1は4月下旬、J2はそれよりも早く再開する計画が議題として挙がる見込みだ。

 J1は従来、日程の空いていた7月を代替開催に充てるが、J2は既に7月も5試合が組まれており、代替試合の開催にも限度がある。本拠スタジアムが損傷した水戸、栃木では代替地での開催を検討している。

 またJ2にはぎりぎりの経営規模で運営しているクラブも多く、試合数が減ることで入場者収入、放送権料などが得られない状況が続けば、経営面でも死活問題。被災者感情を考慮した上で早期再開を探る方針だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2011年3月22日のニュース