巻、中国Sリーグ入り!トルシエ氏がラブコール

[ 2011年3月22日 06:00 ]

 2月にロシア1部アムカル・ペルミを退団した元日本代表FW巻誠一郎(30)が中国スーパーリーグ、深セン紅テンに加入することが21日、分かった。1年契約で、中国トップリーグでプレーする初の日本人となる。元日本代表監督で、2月に就任したトルシエ監督から熱望されて、直接交渉の末に加入が実現。既に深セン入りし、チームに合流している。

 巻は昨年7月にJ2千葉からアムカル・ペルミに移籍。ロシアではリーグ戦9試合に出場して無得点だった。アムカル・ペルミは財政難で一時は自主的な2部降格を表明したが、財政状況が好転して1部残留が決定。ドタバタ劇の中、巻は1年間の契約を残して合意の上でクラブとの契約を解除していた。

 深セン紅テンは05年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、ここ数年は低迷している。トルシエ監督は3年以内のACL出場権獲得を目標に掲げており、06年W杯ドイツ大会出場など経験豊富な巻を中心にチームの再建を図る方針だ。巻はロシアやギリシャの1部クラブ、J2東京Vなどから獲得に興味を示されたが、トルシエ監督の熱意もあり中国での挑戦を決断した。早ければ今季開幕戦となる4月2日の天津戦でデビューすることになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年3月22日のニュース