7試合も不在とは…Jクラブ一斉に反発“主力選手出せない”

[ 2011年3月22日 09:20 ]

 日本代表が7月に参加予定だった南米選手権を辞退する可能性が浮上した。

 東日本大震災の影響でJリーグの日程が大幅変更となり、延期になった試合は南米選手権のため日程が空いていた7月に開催することが内定。Jリーグの中西事務局長は「最大で7試合の代替開催が可能」としている。しかし、代表を抱えるJリーグのクラブは、南米選手権の期間中の約1カ月、主力選手を欠くことになるため、招集に反発する声が噴出。22日に行われるJ1、J2の臨時実行委員会で、南米選手権を辞退することを求める決議を採択する方向で調整が進んでいるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年3月22日のニュース