岡崎4戦連続先発 攻守で勝ち点3に貢献

[ 2011年2月28日 06:00 ]

 シュツットガルトの日本代表FW岡崎慎司は27日、敵地フランクフルト戦に公式戦4戦連続で先発し後半ロスタイムまで出場した。

 得点には絡まなかったが、攻守に良い動きを見せた。前半29分にはロングボールに反応し、ペナルティーエリア左で右足トラップから、左足でシュートを放った。降格圏に沈むチームは前半15分にDFデルピエールが退場し苦戦を強いられたが、後半立て続けにゴールを奪って2―0で勝利。勝ち点3を手にした。(フランクフルト・三村祐輔通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月28日のニュース