槙野 あっという間の本拠地デビュー

[ 2011年2月28日 06:00 ]

 ケルンのDF槙野智章は26日、ホームのフライブルク戦に1―0で迎えた試合終了間際の後半45分から途中出場。デビューした1月29日の敵地ザンクトパウリ戦以来の出番で、ボールに触れる機会はなかったが本拠地初出場を果たした。

 この日のポジションは本職のDFではなく守備的MFでプレー。「僕はJリーグのデビュー戦もボランチで出た」と振り返り、「次はもっと長い時間、出られるように頑張りたい」と意気込んだ。また、フライブルクのFW矢野はベンチ入りしたが出番はなく、日本人対決はならなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月28日のニュース