存在感増す18歳・宮市 監督も信頼「もっとボールを預けて」

[ 2011年2月28日 09:54 ]

<フェイエノールト・フローニンゲン>後半、攻め込むフェイエノールトの宮市(右)

オランダ1部リーグ フェイエノールト5―1フローニンゲン

(2月27日)
 フェイエノールトのFW宮市亮は、4戦連続の先発で2得点に絡む活躍。18歳の存在感は、試合ごとに増している。

 前半にチームの2点目をアシストすると、後半は開始早々にドリブルを仕掛けてPKを獲得。クラブの方針で本人への取材が規制される中、ビーン監督は「後半はリョウにもっとボールを預けるようにし、結果としてPKにつながった」と信頼感を口にした。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月28日のニュース