独走体制16差 ドルトムント昨季王者に快勝 

[ 2011年2月28日 06:00 ]

 ドイツ・ブンデスリーガ第24節の6試合が26日に行われ、首位ドルトムントが敵地でバイエルンMを3―1で下し、昨季王者との勝ち点差を16に広げた。

 MF香川真司を負傷で欠くドルトムントは1―1とされた直後の前半18分、MFサヒンの得点で勝ち越した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月28日のニュース