C大阪 今季初南津守での試合にサポーター大挙

[ 2011年2月28日 06:00 ]

練習試合 C大阪0―1ツエーゲン金沢

 サポーターの期待の表れだ。C大阪のBチームがツエーゲン金沢(JFL)と練習試合を行って0―1と敗れたが、練習場のスタンドでは約800人が熱視線を送った。

 今季初めてとなる南津守での練習試合とあってファンも待ちわびていた様子。「結果は出なかったが、選手はしっかり走りきっていた」と手応えを口にしたレヴィー・クルピ監督は「みんな期待して楽しみにしてくれている。水曜の長居もいっぱいになってほしい」と笑顔。ACL1次リーグ第1戦、アレマ戦(3月2日、長居ス)の集客に期待していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年2月28日のニュース