×

【中山金杯】スカーフェイス2着 坂上でもうひと伸び、石橋「タフな馬」

[ 2022年1月6日 05:30 ]

 7番人気ながら2着に頑張ったのがスカーフェイス。大外17番枠から中団の外を追走し、直線も大外から勝負。しぶとく伸びて初の重賞連対を飾った。石橋は「厩舎スタッフから絶好調と聞いていました。大外枠で外々を回る形にはなったが(ハンデ)54キロだったし、リズムを重視して乗った。坂を上ってからもうひと伸びしてくれた。タフな馬ですね」と高く評価した。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月6日のニュース