×

【中山1R】ニシノアナ 22年の一番星、相沢師「こんないいことはない」

[ 2022年1月6日 05:30 ]

<中山1R・3歳未勝利戦>2022年の初勝利をあげた横山琉騎乗のニシノアナ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 JRA22年最初のレース、中山1R・3歳未勝利は4番人気ニシノアナ(牝=相沢、父ドレフォン)が好スタートから2番手につけ、逃げたトラストパッキャオとの叩き合いを制した。

 デビュー2年目の横山琉は「新年1発目から勝てて良かった。昨年(9勝)より勝てるよう頑張りたい」。自厩舎所属騎手で22年開幕戦を制した相沢師は「何が何でも行けと言った。ヒヤヒヤして見ていたよ。(横山)琉人で初勝ちとは最高。こんないいことはない」と喜んだ。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月6日のニュース