×

【京都金杯】戦い終えて

[ 2022年1月6日 05:30 ]

 ▼4着ダイアトニック(安田助手)よく頑張ってくれました。次につながるレースができたと思う。

 ▼5着クリノプレミアム(江田照)流れに乗ってハンデを生かした競馬ができた。

 ▼7着ヴェロックス(浜中)千六で外枠だったので、いいポジションを取りたかったけど…。最後まで反応はしていました。

 ▼8着ステルヴィオ(和田竜)チークが効いてゲートは出た。内枠ならワンチャンスがあったと思う。

 ▼9着バスラットレオン(坂井)ここ何戦かと比べると良くなっていました。今回がきっかけになれば。

 ▼10着シュリ(武豊)折り合いはついたけどボコボコした馬場は苦手かな。

 ▼11着ルークズネスト(泉谷)ゲートで潜る点に、うまく対応できなかった。それが全て。

 ▼12着ヴィジュネル(藤岡康)上手にゲートを出て、流れに乗れた。一瞬は伸びかけたけど思ったほど脚を使えなかった。

 ▼13着トーラスジェミニ(原)コース形態もあって行き脚がつかなかった。

 ▼14着サトノフェイバー(古川吉)間隔が空いた分、少し体に余裕があった。これで変わってくると思う。

 ▼15着メイケイダイハード(酒井)いい雰囲気で直線に向いたが、接触があってハミが抜けた。

 ▼16着ディアンドル(C・デムーロ)道中は気持ちが入っていたけど仕掛けてから反応がなかった。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月6日のニュース