×

【京都金杯】カイザーミノル3着 はじけ切れず横山典「休み明けで少し力んだ」

[ 2022年1月6日 05:30 ]

 2番人気カイザーミノルは1馬身+頭差の3着。名手・横山典の巧みなリードで絶好位につけながら、はじけ切れなかった印象だ。ゴール前は外から末脚を伸ばしたが、2着の8歳馬ダイワキャグニーをかわせなかった。

 横山典は「返し馬の雰囲気があまり良くなかった。道中はよく頑張ったけど、休み明けで少し力んでいた」と天皇賞・秋14着から2カ月ほど空いた点を敗因に挙げる。その上で「暖かくなれば良くなると思う」と良化の余地を強調した。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月6日のニュース