×

【万葉S】マカオンドール 格上挑戦で接戦制す、松山「しっかり伸びた」

[ 2022年1月6日 05:30 ]

<中京10R・万葉S>レクセランス(左)を振り切り勝利するマカオンドール(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 新春名物のマラソンレース、中京10R・万葉Sを制したのは前走2勝クラス勝ちをステップに格上挑戦で矛先を向けてきたマカオンドール(牡4=今野、父ゴールドシップ)だ。直線は内ラチ沿いの狭いスペースをこじ開け、頭差の接戦をモノにした。

 松山は「4コーナーでも後ろにいたけど能力でカバー。しっかり伸びて強い競馬でした」と感心しきり。「いいモノを持っているし、これからが楽しみ」と期待を膨らませた。今野師は「具合が良すぎて行きっぷりが良く、掛かっていた。最後は1頭分、空いたところを何とか(抜けてきた)。よく辛抱してくれました」と安どの表情。次走は未定だがダイヤモンドS(2月19日、東京)や阪神大賞典(3月20日)、その先には天皇賞・春(5月1日、阪神)が視界に入ってくるはずだ。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月6日のニュース