×

【ジュニアC】インダストリア 楽々突き抜け2勝目、宮田師「性能が違う」

[ 2022年1月6日 05:30 ]

<中山10R・ジュニアカップ>レースを制した戸崎騎乗のインダストリア(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山10R・ジュニアCは2番人気インダストリア(牡3=宮田、父リオンディーズ)が直線で外に出されると一気に加速。ノーステッキのまま坂上で突き抜け、楽々と2勝目を手にした。

 戸崎は「気性の若さはあるがポテンシャルは高い」と高評価。半兄に重賞3勝のケイデンスコールがいる血統馬。宮田師は「強かった。エンジンの性能が違う。左に張る面があるので、そこを矯正して正しい方向に導きたい。目標はNHKマイルC(5月8日、東京)。一度放牧に出して、本番の前に1戦、どこかで使いたい」と青写真を描いていた。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月6日のニュース