×

【中山金杯】戦い終えて

[ 2022年1月6日 05:30 ]

 ▼4着タガノディアマンテ(津村)力がある。返し馬から雰囲気が良かった。次が楽しみ。

 ▼5着トーセンスーリヤ(横山和)内容はパーフェクトに近いけど57・5キロが響いているのかな。大きく崩れてはいないし悪くない。

 ▼6着ウインイクシード(松岡)外枠だとあの位置まで。勝った馬は抜けていたけど真ん中より内の枠なら2着以上はあった。

 ▼7着シャムロックヒル(団野)52キロで序盤のスピードが良かった。3コーナーで流れが変わってリズムを崩された。

 ▼8着アールスター(長岡)内をロスなく回って伸びてくれた。

 ▼9着サトノクロニクル(内田)しまいを生かす競馬で最後に集中。この競馬が板につけば。

 ▼10着ジェットモーション(田辺)ペースが遅くて早めに動いたけど最後は苦しくなった。

 ▼11着アトミックフォース(武藤師)スタートと直線で2度の不利があった。

 ▼12着アドマイヤアルバ(吉田豊)2000メートルは忙しい。もう少しスタミナ勝負にならないと。

 ▼14着オウケンムーン(菅原明)距離短縮で忙しかった。

 ▼16着ロザムール(北村宏)スローで2番手を取れたけど、この流れで3~4コーナーで早めに来られてしまうとね。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年1月6日のニュース