レオインテンシブ→カレンロマチェンコで高柳大厩舎兄弟Vリレー完成だ

[ 2021年6月18日 05:30 ]

坂路で追い切ったカレンロマチェンコ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・栗東=17日】阪神土曜5R新馬戦でレオインテンシブ(牡)がデビューを迎える。東京日曜11RユニコーンSは半兄のカレンロマチェンコがスタンバイ。高柳大厩舎の2頭で兄弟Vリレーが完成しないか。小林は平助手に直撃。ストレートに「共通点はありますか?」と聞いた。少し考えた後で「走りが奇麗なところは似ているんですかね」と口をついた。兄は3連勝で重賞初Vを狙う。

 「落ち着きが出たし、体が成長して我慢が利くようになりました。追い切りでも凄い時計が出ましたからね」

 坂路の最終追いは自己ベストに0秒2迫る4F52秒8をマークした。ここを目標に順調に調整。1F延長が鍵となる。弟は1カ月以上かけて入念に時計を出してきた。坂路の最終追いは4F54秒7~1F12秒2と伸びが目立った。

 「気のいいタイプ。結構、乗り込んできましたし、調教でもしまいはいいスピードを見せています」

 灼熱(しゃくねつ)の太陽の下、馬券をどう転がしていこうかと早くも思案していた。

続きを表示

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月18日のニュース