【東京新馬戦】マブセレナード 水準以上の動き、菅原明「新馬向きのタイプ」

[ 2021年6月18日 05:30 ]

 東京土曜5R(芝1600メートル)は良血馬がそろったが、マツリダゴッホ産駒マブセレナード(牝=伊藤大)も面白い存在だ。昨年の北海道セプテンバーセールで310万円(税別)で落札された“雑草”。1週前はWコース(4F52秒4)、最終追いは坂路(4F54秒1)で水準以上の動きを見せた。2週連続で追い切りに騎乗した菅原明は「この馬は良さそうです。新馬向きのタイプで楽しみ」と期待していた。

続きを表示

「2021 スプリンターズS」特集記事

「凱旋門賞」特集記事

2021年6月18日のニュース