【中山記念】バビット万全!3度目重賞制覇へ浜田師「追うごとに動きは良くなっている」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

低い重心で坂路を真っ直ぐに駆け上がるバビット
Photo By 提供写真

 今年初戦となるバビットは坂路で単走。軽快な脚さばきで加速ラップを刻み、4F55秒3~1F12秒7を馬なりでマークした。浜田師は「追うごとに動きは良くなっているし、万全の状態で臨める」と満足げ。前走・有馬記念は理想通りの逃げに持ち込んだが、直線入り口で失速して13着。「敗因は距離かな。得意の千八で巻き返したい」と力を込めた。距離短縮で3度目の重賞制覇を狙う。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月25日のニュース