【阪急杯】ベストアクター、軽快な脚さばき 鹿戸師「フレッシュな状態」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

 2回の坂路登坂で好仕上がりをアピールしたベストアクター。軽快にピッチを刻み、小気味良いフットワークで駆け上がった。昨年制した阪急杯からちょうど1年ぶりの復帰だが、鹿戸師は「先週くらいから動き、数字的にも良くなった。どうしても脚元の不安で坂路中心だけど、フレッシュな状態です。舞台適性はあると思うし、いいメンバーがそろった中で何とかいい競馬をしてほしい」と話していた。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年2月25日のニュース