【芦屋・G2レディースオールスター】平高今シリーズ初勝利!「足は全体的にいい」

[ 2021年2月25日 07:00 ]

<第5回レディースオールスター>3日目注目の平高奈菜(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ボートレース芦屋のG2「第5回レディースオールスター」は24日、シリーズ2日目が終了。初日ドリーム戦2着の小野生奈(32=福岡)が6、3号艇の2日目を2、1着にまとめ、得点率トップで予選を折り返した。

 3日目は同じドリーム組の平高奈菜(33=香川)が11Rで、平山智加(35=香川)が12Rで絶好枠1号艇を担う。中でも平高は2日目8R、2周1M逆転で今シリーズ初白星を獲得。「気持ち良くは乗れていないけど足は全体的にいい」と機力にも合格点を与えている。3号艇で登場する前半3Rも含め、目が離せない存在だ。

 一方の平山はドリーム組でただ一人の未勝利。それでも「3走した中では2日目9Rが乗り心地は一番マシ。伸びは少し余裕があるし、足負けすることはないので、しっかり回転を合わせて乗れるようにしたい」と上昇気配を漂わせている。讃岐コンビの連勝は十分に考えられる。

 この他では広中智紗衣(40=東京)と田口節子(40=岡山)がオール連対と安定した走りを継続。芦屋水面と相性のいい守屋美穂(32=岡山)も3、2、1着と右肩上がりだ。A2級以下の伏兵どころでは中川りな(27=福岡)、小芦るり華(23=佐賀)がオール3連対と堅実にまとめている。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月25日のニュース