【金鯱賞2週前追い】デアリングタクト順調 杉山晴師「徐々に動きは良くなってきた」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

松山弘平騎手を背にCウッドを単走で追い切るデアリングタクト
Photo By 提供写真

 金鯱賞(3月14日、中京)で始動するデアリングタクト(牝4=杉山晴)が松山を背に栗東CWコースで2週前追い切りを行った。6F83秒2~1F12秒3を馬なりで計時。杉山晴師は「夏場と比べて良化はスローだが、徐々に動きは良くなってきた。このまま順調に調整を進められれば」と語った。

続きを表示

「2021 NHKマイルC」特集記事

「京都新聞杯」特集記事

2021年2月25日のニュース