【中山記念】フランツ、久々重賞参戦 陣営「末脚生かせる展開になれば」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

坂路にて併せ馬で追い切るフランツ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 19年新潟記念5着以来、久々の重賞参戦となるフランツは坂路でヴィネット(4歳1勝クラス)とビッシリ併せ馬。4F53秒8~1F13秒8を刻み、半馬身遅れた。生野助手は「攻めは動くタイプではないが…。ただ、叩き2走目で気配は悪くない」と慎重に語る。前走・白富士S3着から距離短縮になるが、全4勝のうち3勝を千八でマーク。「スタートを決めたい。末脚を生かせる展開になれば」と前崩れを願った。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年2月25日のニュース