【中山記念】クラージュゲリエ距離短縮歓迎!池江師「千八はプラスになりそう」

[ 2021年2月25日 05:30 ]

 クラージュゲリエは新コンビとなるルメールを背にCWコースでサンラモンバレー(6歳3勝クラス)と併せ馬。6F85秒4~1F12秒7をビッシリ追われた。併走馬に半馬身遅れたものの、池江師は「いつも稽古は動かないタイプだし、これで十分です」と伝える。前走・日経新春杯は中団から追い込み3着。「レース後にジョッキーは少し距離が長いと言っていた。千八はプラスになりそう」と距離短縮を歓迎した。

続きを表示

「2021 NHKマイルC」特集記事

「京都新聞杯」特集記事

2021年2月25日のニュース